お世話になっているトレーナーAlissa先生のブログに登場したぶぅ♪
ジュジュも100匹マラソン参加してるぶぅよ~♪

Dog Trainer Alissa

100匹マラソン No.008

先日、トレーニングに行かせていただいたのは、

100匹マラソンNo.008!


じゃじゃん!

フレンチブルドッグの十三(じゅうぞう)ちゃん。

まだ生後4ヶ月の男の子だぶぅ。


あぁぁぁぁぁぁぁ、可愛い…。


なんでしょうね、このパピー独特のフォルムというか、

顔と体のアンバランス感というか。


たまらんのです。

トレーニングとか忘れてひたすら戯れていたいのです。

そんな気持ちを振り切りながらママさんと普段の生活について色々お話〜。


そんな中、十三ちゃん、走り回ります!

たくさん手に噛み噛みして遊んでとじゃれてきます!

コンセントかじってます!

クッションにおしっこしてます!


いいよいいよ〜。

パピーらしくていいよ〜。


すでにここで見えてくるのは、

①甘噛みをやめさせたい

②トイレを覚えさせたい

③コンセントとかかじらないで欲しい

ですね。


もちろんこれに対しての対処法を簡単にお伝えしましたが、

今の時期とても大切なのはママさんと十三ちゃんの関係性を築くこと。

十三ちゃんに「この人の言うことをききたい!」と思われる存在になるためには、

普段の関わり方がとっても重要なのです。


その一つとして、今回宿題にさせてもらったのは、

「ハウストレーニング」


「ハウストレーニング」とは、犬が中で一周出来ておすわり出来るくらいの広さのケージやクレートの中で大人しく過ごせるようになるトレーニングです。

どうやら十三ちゃん、ハウスは少し苦手なようなので、早速実践〜。

最初は後ろ足をめいっぱい外に出して入ろうとしなかった十三ちゃん。


でも、後ろ足も入れて中で大人しくしていると、あら不思議。

美味しい美味しいご褒美がもらえたのです。


「あれ?今なんで美味しいご褒美がもらえたのだぶぅ?」


何回も何回も繰り返しトレーニングを続けます。

ポイントは、体が全部入っておとなしくしている時にご褒美をあげること。


「ん?どうやら後ろ足を中に入れるとご褒美がもらえるみたいだぶぅ。」


ひたすらこれを繰り返すと、どんどんハウスにすんなり入るようになってきました!

さすが十三ちゃん、吸収と理解が早い!

これを少しずつレベルをあげていって、

ハウスの中で2時間でも3時間でも大人しく過ごせられるようになったらもう完璧です。


次回までにどこまで出来るようになってるかなぁ〜?


ママさん、十三ちゃん、頑張ってね★



https://dogtraineralissa.amebaownd.com/posts/143579

0コメント

  • 1000 / 1000